工法ごとに変わるシロアリ駆除費用相場【家庭菜園のシロアリ退治】

シロアリ駆除費用相場について

シロアリの駆除方法は大きく分けて2つの工法があります。工法による特徴と併せてシロアリ駆除費用相場を把握しておきましょう。

工法とシロアリ駆除費用相場に関する疑問

バリア工法とベイト工法の違いは?
バリア工法は土壌に薬剤を散布し、シロアリの侵入を阻止する方法です。対してベイト工法は、地中にベイト剤を仕掛けることで巣を根絶させる方法です。基本的にバリア工法の方がベイト工法よりも選ばれています。
バリア工法とベイト工法とではシロアリ駆除費用相場は変わりますか?
一般的なシロアリ駆除費用相場は、一坪あたり6,000円から9,000円と言われています。もちろん施工方法によってシロアリ駆除費用相場は変わります。バリア工法ですと一坪あたり約10,000円、ベイト工法ですと建物外周の1メートルあたり8,000円となります。
それぞれの効果について教えてくだざい
バリア工法は薬剤散布後、約5年から10年効果が持続します。ベイト工法なら、ベイト剤を設置している限り効果は持続します。

シロアリが住まいや家庭菜園に与える影響とは

シロアリを放置すると、住まいや家庭菜園に大きなダメージを与えてしまうので早めに駆除をしなければなりません。

シロアリが住み着きやすい場所

浴室
浴室は毎日のお風呂によってよく水を使用します。浴室のタイルが劣化していると、亀裂からお風呂の水や湿気が染み出してしまうため、湿気を好むシロアリにとって好条件な場所となります。
床下
床下は暗く外気に晒されにくい場所です。空気の循環がないため湿気が溜まりやすく、シロアリが住みやすい環境となります。エサとなる木材も豊富にあるので、多くの場合床下で巣を作ります。
花壇や植木
家庭菜園やガーデニングのために、花壇に木製の柵やオブジェなどを設置している場合、シロアリがそれらを食害することがあります。植木を伐採し、切り株や木の根をそのままにすることもシロアリの繁殖を招きます。庭にシロアリが住み着いた場合、エサを求めて家にも現れるようになるため、注意が必要です。

まとめ

シロアリは、基本的に人の目が届かない場所から徐々に家を侵食していきます。シロアリの害を防ぐには、シロアリのいる場所を熟知している業者に調査を頼むとよいでしょう。

セルフチェック

  • 1、近所の家がシロアリ駆除を行なった。
  • 2、庭にある枯れ木や、家庭菜園で使っている柵などにシロアリが巣を作っている。
  • 3、家に池や井戸がある。または近くに川が流れている。

まとめ

湿気のある場所や枯れ木、木材などがシロアリに狙われやすいといえます。シロアリ被害を未然に防ぐには、普段からこれらの場所を注意深く調べましょう。

TOPボタン